目からウロコの育ママ応援サイト

>

「体験」を理解し、解釈をつけることで自信になる「経験」へ

体と心の成長を促す成功「経験」

企業のマネジメント研修などでも用いられる「ワイナーモデル」というものがあります。
これは、物事の成功や失敗の要因を「能力」「努力」「難易度」「運」の4つに分類して理解を深めるチャートのことです。
例えば、お子さんが一人で靴を履けるようになった体験は
能力「自分に能力があったから履けた」
努力「何回も練習したから履けた」
難易度「簡単に履ける靴だから履けた」
運「運が良かったから履けた」
と、何種類にも解釈できます。
一般的に、成功した場合は「能力」での解釈をすることが次の成功につながりやすいとされ、失敗した場合は「努力」での解釈をするとモチベーションを上げやすいといわれています。
これを元に、体験をその時々に合った解釈で経験に昇華させ、お子さんの自信につなげて行きましょう。

「失敗」も大事な種

成功体験は子供の心と体の成長にとても大切です。でも、初めてチャレンジしたことに、一回も失敗せずに成功することは稀だと思います。

大抵のことは失敗の繰り返しでしょう。

靴を自分の力で履いてみたいとがんばった。
でもうまくいかなくて途中で投げ出して泣き出した。
そんなときは、しっかり向き合って「どこがわからなかったの?」「こうしてみたらどうだろう?」とお子さんの直面している問題と解決へのヒントを出して一緒に考えてあげてください。

逃げないでちゃんと向き合い、「努力」を重ね、自分の力で克服できたら、それはお子さんにとって、とても大きな一歩になるに違いありません。
困難に向き合い、打ち勝つことができたのですから。
小さな体に大きな自信を得ることができたことでしょう。


TOPへ戻る